中学受験は親の学歴で測られるのか

ここではあえてこう書きますが、

自分自身を「学歴が低い」と思っている親、

というより、そういう人(僕を含め)が

中学受験において気になりがちなことを上げていきます。

 

学歴が低い親だ、とか、天才にはかなわない、とか

僕を含め、何かひとつ重大なコンプレックスを抱えている、

ちょっと卑屈っぽい気持ちがある人ほど、

周りの視線に異常なほど敏感になりがちなのではないかと思います。

 

実際は気にされていない

ただ、実際のところ良い学校ほど

親の学歴や同級生の偏差値といったことには

あんまり興味がないような気がしていて、

むしろ、治安が悪い学校になればなるほど

周りへの視線とか意識とかが過剰になっていくような気がします。

 

これも、たぶんコンプレックスの表れなのだと思います。

 

 

「学歴が低い」親が中学受験で気になってしまうこと

「学歴がなくて苦労したから」と中学受験をさせてくれた母ですが、

やはり、根底には自分自身のコンプレックスみたいなものは

重たく沈んでいたのだろうと思います。

 

僕が入学したばかりのころなどは、

母は自分のことを育ちが悪いとか、学がないとかいって

悲嘆にくれていたこともあります。

 

そんなとき、母が毎度いっていたのは、

  • 自分の学歴
  • 周りの学歴や職業
  • ほかの家庭の経済事情など、です。

 

どうしてそんなに周りのことばかり気にするのだろうと

僕はその時思っていたのですが

自分が気にしていることは比べることによって

よりいっそう嫌なものに見えてしまう現象が

母の中に起きていたのだろうと今は考えています。

 

自分の学歴

僕の家の場合です。

 

じつは後から知ったのですが、母は僕を中学受験させる際、

自分が手に入れられなかった「優秀な成績」と「学歴」を

手に入れてくれないか、と期待していたそうです。

 

なぜなら、自分が学歴がないせいで人から白い目で見られたり

知性のなさがばれたときの空気が耐え切れなかったためと。

 

また、中学受験の面接や学校見学会に行くとき

「親の学歴を聞かれないか」ということを

とても気にしていたとききました。

 

実際、あたりまえですが聞かれることはなかったみたいですが・・・。

 

母の場合ですが、様々な事情があって

「学歴が低い」親たちは、

自分たちがどう見られているか、知性のなさがばれないか、

周囲に高学歴の方が集中しがちな中学受験で気にしています。

 

周りの学歴や職業

これは僕自身が気になってしまうことですが

周りの家がお医者さん、社長さん、外交官、と

クラスに何人かはすごくセレブな家庭環境の友達がいて

権力に委縮してしまう、ということがあります。

 

そういうおうちの子はなんとなく品が良く、

(といっても普通のおうちの子が下品というわけではないのですが)

すごみがあるような気がして、縮こまります。

 

中学受験の時、親が高学歴だった子は落ちたので

お金と成績とは直接の因果関係はないものの、

やはり、あらゆる面で人間力の高さを

見せつけられる瞬間はたくさんありました。

 

ほかの家庭の経済事情など

上記2つのテーマと似ているのですが、

学校に通っているからこそ見えてくる

僕たちに使われているお金の流れを知るにつれ、

下世話だとは思いつつ、クラスメイトなど

ほかのおうちの経済事情などがとても気になるようになりました。

 

僕の場合は高校生になり、そういう隠された真実が

なんとなく色々見えてきたせいかもしれませんが

母や、普通家庭の友達も

同じように経済事情がなんとなく気になるみたいです。

 

たとえば、成績のためにお金をどれだけかけてきたか。

 

お金をかけてきた人はなんとなくわかるのです。

 

ただ、金かけて勉強していいなとかそういう、

変な気持ちというわけでもなく・・・。

 

裕福な人は、身に着けているちいさなものや髪型、

顔立ちまでなんとなく高級なので、

そんな気持ちは最初から起きなくなります。

 

 

まわりは気にしていないことのほうが多い

ここまで、母が気にしてきた学歴などについて

ことさら槍玉に挙げて話題にしようとしている友達や

そんなお母さんたちは見たことがありません。

 

相手の家族に無関心、というわけではないのですが

いい意味で興味がないのだと思います。

 

また、ほとんどの場合周りも育ちが良い人たちが多いためか

下世話なネタというか、他人のゴシップを

なんとなく言い出しづらい空気感もあるみたいです。

 

そのため、なんとなくそういった話をしなくなるので

結果的にあまり相手の経歴を気にしない人が多くなっていき

おおらかなコミュニティが自然と作られているイメージです。

 

それから、良い育ちの友達の親も良い育ち、

つまり周りもそういう育ち方なので

そういう話題になるような差別が身近ではなかった人も

多くいるのかなという印象を受けます。

 

様々な要因はありますが、ここでは

中学受験をする周りの家庭がなぜ「学歴が低い」親を気にしないのか

感じたこととともに理由を述べていこうと思います。

 

理由1:むしろ一流が当たり前だから

僕の学校にいる友達の大半は、お金持ちの家が多く

またそういうおうちの人たちは

必然的に「勉強する」ことに苦しまないというか

学ぶことを楽しめるDNAが組み込まれているような気がします。

 

それに、全体的にとはいいませんが、

上述したように良い家庭の子は、良い環境にいるので、

そもそもまわりに見下すような人間も

見下されるようなこともないといった特徴もあると思います。

 

僕は公立の小学校を卒業したのですが、その時は

先生もクラスメイトもみんな

なにかなじる部分を見つけては見下すような

そんな空気が流れていたように感じます。

 

話がそれましたが、僕の周りのすごい人たちは

とても健全な自信を自分で持っているためか、

すごい状態が当たり前だと思っているし

すごくない人たちからも勉強しようという

「学習へのDNA」を感じます。

 

理由2:中学受験校は変わった人が多い

そもそも、中学受験をする段階でかなりキャラが濃い人が

多いかもしれない、という説です。

 

僕の周りに限ったことですが、クラスメイトたちは

好奇心と行動力のカタマリといった感じで

常に何かやっている人たちが多く、

そんな友達の親もまた、個性的な人が多いです。

 

さらにいうと、中学受験という限られた世界では

受験生(小学生)自身が

学校を自分から選んで決めているわけですから

「その学校が気に入って」とか

「学校の雰囲気になじめて」とか

とにかく考え方が似た人が集まりやすい傾向もあります。

 

そして、個性の強い人は他人への純粋な興味もとてつもなく、

ゴシップやつるし上げとは違う、

歩み寄りたいというまなざしで質問を投げかけてきます。

 

さもありなん、そういった友達の親が

学歴なんていうつまらないものにこだわるような人はいないのです。

 

理由3:自分のことで手いっぱいだから

色々と書いてきましたが、一番はやっぱりコレ。

 

僕の通っている学校などは特にそうなのですが

ぶっちゃけた話、将来の東大進学のためとか医師になるとか、

そういう高い上昇志向を持ったおうちと

子どもたちがなだれ込むように毎年入学してきます。

 

そんな中、他人の経歴なんていうものには

将来の自分の、あるいはわが子のキャリアのため、

そしてその猛烈な勉強があるため、

いつまでもかまっていられるわけがないのです。

 

そのため、親が学歴を気にしなくてはいけないような

大半の中学受験校では、心配するいとまもなく

みんな勉強するのに必死です。

 

 

子どもは、のびのびと青春したがっている!

僕の場合や周囲に限ったことですしほとんど偏見ですが

中学受験ができる進学校では

学歴といったことにさほどこだわらなくてもいいということが

おわかりいただけたのではないでしょうか。

 

むしろ、中学受験をするとか学歴がどうとかいうのは

公立小学校にいたときのほうが言われていた気すらします。

 

僕は、そういうことを話題にする人は

ずっと言っているように、コンプレックスがあって、

自分のことがすごく低く見えてるんだと思います。

 

人の足を引っ張って引きずりおろそうと思っている魂胆は

やはり否めないと思います。

 

僕の周りにそういう人がいないというとウソになりますが、

そういう人は天才たちに実力で圧倒され続ける部分もあるので

結果的に努力の人になっていく人が多いかもしれません。

 

僕はもう高校生ですが、高校生なりに言いますと

子どもはわりと親の気にしていることを察します。

 

子どもはのびのびと青春したいし、しているはず。

だから学歴とか、そういうことを

気にする人もいないところで、気にしないでと言いたいです。