中学受験そのものにおいては

親の学歴はあんまり関係はないんですが、

親同士の中で、やっぱりなんとなく

学歴や職業といったものから生まれる「格差」みたいなものは

空気感で伝わっていることがあるようです。

 

母本人が口に出すことはないのですが

子どもの僕が雰囲気で察知することもあるほど

「親の学歴格差問題」は根深いものであるうえ

親同士にとっては、かなりのっぴきならない問題であるようです。

 

そして、子どもにもその感覚が伝染するんじゃないか、

自分の学歴のために子どもが学校でひどい目に合うんじゃないか、

ということは、親が抱く不安の代表格のようです。

 

今回は中学受験における学歴格差や

それに関する親の気持ちの面にフォーカスして記事を書いていきます。

 

 

中学受験で親が抱きやすい不安

中学受験で親が抱きやすい不安のひとつは、

まず子どもが志望校に合格するかどうか、そして

合格後も勉強についていけるかどうか、が挙げられます。

 

また例外として、学歴や周囲との経済状況などに

目に見える形で格差が感じられた場合なども、

「こんなので子どもは見下されるんじゃないだろうか」とか

「もっといい身なりに身を包まないといけないのではないか」など

子どもと自分自身両方の品の差のようなものが気になるようです。

 

僕たち子ども側はあまりそういった格差は

関係なく過ごしてはいるのですが、

親同士の間にはそういう持ち物や身なりに現れる経済格差に

ことさら敏感にならざるを得ない雰囲気があるようです。

 

そして、子どもの間にもそういった

学歴格差・経済力格差が生まれているのかどうか、

周囲の友達に白い目で見られていないかどうかが

もっとも気になる点であるようです。

 

中学受験の面接時に親の学歴きかれる?

次に「中学受験で親が抱きやすい不安」は、

中学受験の面接時や提出する願書に

学歴を尋ねることがあるかどうかという点。

 

これは存外気にしている親がかなり多く、

名門校を受験する家であればあるほど、

周囲の家庭や親同士の学力差、学歴差は気になる問題のようです。

 

子どもがたくさんいた少し前の中学受験では、

名門校には昭和の漫画で見るような

「ザ・お嬢様、お坊ちゃま」のようなエリートしか通えず

それこそ中学受験の面接時・願書提出時に

エリートやお金持ち以外の人たちは仮に優秀でも)

学歴とともにふるい落とされていた時代もあったそうです。

 

しかし、最近では子どもの数自体が少なくなってきた影響や

そういった差別なく優秀な人材を残そうという

世の中の自然な流れもあって、

最近の中学受験において親の学歴や職業といったことは

尋ねられることもないし、それを書く欄もありません。

 

エリート族のふるい落としはもはや都市伝説であり、

今の時代においては決して行われていないので、

学力と個性のみを信じた中学受験ができます。

 

中学受験では親の学歴は関係ない

上記したように、中学受験には親の学歴・職業は

全くと言っていいほど関係なく、

少子化の影響でふるいにかける学校は

じわじわと減少し、消滅したきらいがあります。

 

とはいえ、やはりお金持ちの身につけている

見るからに「良い」とわかるアイテムの中に入ると

親としてもやはり、自分の恰好がみすぼらしいとか

身につけているものが安いものだと分かったらどうしよう、

といったような

得も言われぬ不安感に襲われるようです。

 

しかし親の学歴は、中学受験そのものに関して

まったく関係のないものになるし、

それが原因で生徒間でいじめが勃発することも

ほとんどあり得ないと思うので

子の心配はあまりしなくても大丈夫だと思います。

 

 

中学受験合格したあと親が気になること

中学受験で親が気になるのは、やはり周りの親のこと。

 

入学するまでは子どもが勉強についていけるかどうか、

いい友達はちゃんとできるか、ぐれないか、

といったことが心配で仕方なかったようですが

勉強のスピードや学校での友人関係などに心配がなくなり

ほっと一安心すると、

今度は学歴や職業の格差なんかに恥じ入ることが

多くなってくるようです。

 

母、心配性なんじゃないかな・・・??

 

そこから派生し、母の悩みはまた最初の

「お友達」に戻っていくわけなのですが、

実をいうと中学受験校ではテストや高学力の勉強などが

ほとんど1年中、毎日繰り返されているため、

ほかの友達をいじめたりして時間を使う余裕などはありません。

 

進学校になればなるほどおそらくその傾向は強く、

自分自身の勉強や塾のための時間に

かつかつに追われていて

たぶんそれどころじゃないのが実情だと思います。

 

友達の親の学歴や家庭環境までむやみに知りたがったり、

それを原因にいじめる、荒らすという子は

もともとお金持ちの子どもが素直だってこともあって

母や親たちが心配しなくてもいいくらい、

いい意味で無関心だと思います。

 

お友達の親の学歴

母しかり、中学受験で学歴を気にする親の多くは

「子どもの友達の親」の学歴も、かなり気になるみたいです。

 

正直なところ、中学受験校に通わせるおうちは

お金持ちが多いのは曲げようのない事実なのですが、

お金持ちの大半はお医者さんなどの高学歴層が多いため、

中学受験校に入学後、とくに周囲の学歴に

敏感になっているころ合いであれば

これは確かに気になってしまうかもしれません。

 

母は最初のうちは自分の学歴と

周りの親たちの学歴とのギャップに

おののいたり悩んだりしたこともあったといっていました。

 

しかし、むしろ高学歴層に子どもを入れたくて

親子でこの学校を目指していたのだから

「子どもがこんな人たちと同じ教室で

勉強ができることを幸せに思わないと」と考えたといい

僕が言えることではないですがそういった考え方も

もちろんあるため、一概に悩んだりというのも

見方を変えてみるだけでかなり景色が違ってくるんだと思いました。

 

ズバリ!職業や収入差

中学受験において、親はある程度

志望校や入学する学校の保護者層の職業や収入面も

学校選びの基準として大切にしている傾向があるようです。

 

それは、中学受験で学歴が気になる親に

限ったことではなく、

ほとんどの親は親同士の付き合いなど

顔を合わせる機会が増えてくることを予想しているのもあるため

どのようなおうちでも少しは気になる問題であるといえます。

 

くわえて、制服のある子どもたちとは違い

身なりにすべてが出やすい保護者側では

TPOに合わせた服装をそつなく着こなすため、

あらかじめ調べて知っておく、

保護者会などでおおよその雰囲気を察しておくといったことは

珍しくなくおこなっていることだといいます。

 

そのため親は志望校を決定する段階で、

子どもの同級生の親がどんな仕事をしていて、

どれくらいの収入がある家が多いのか、といったことを、

ネット掲示板や保護者会での抜け目ない観察眼などを使って

あらかじめリサーチしておく傾向があるようです。

 

 

中学受験後、親の学歴で子どもがいじめられる?

中学受験で学歴が気になる親の心配事のひとつに

入学後、親の学歴のために子どもが

いじめにあうのではないか、といったものです。

 

母からも同じ心配を受けたことがあります。

 

かなりくどく書いているかもしれませんが、

案外、僕たち子ども側は、まして中高生なので

親が心配しているほど学歴とかに固執していないため

(親が強烈に学歴信者という子は別です。例外ですが)

たとえそんな話になったところで

むき出しになって興味を持つ子はそうそういません。

 

また、中高一貫校などでは自分の成績を維持するのに

ほとんどの労力と集中力を使ってしまうため、余裕がなく

さらに学校は素直な心の持ち主が多いのもあるので、必然的に

親の学歴や職業などの偏見でいじめられることはありません。

 

どちらかというと、勉強ができたりとか

才能に秀でいている人の輝き方が

比べ物にならないほどなので、みんなの関心が向く方向が

公立の学校とは少し違うかもしれません。

 

 

親が子に中学受験させたい理由

これは学歴からは少し外れてしまうかもしれませんが、

なぜここまで心配事があるにもかかわらず

親は、子どもに中学受験をさせたいのでしょうか。

 

学歴が気になる親が中学受験をさせる意図のほとんどは

「中学受験すればいい学校に入れるから」

といったものじゃないかなと思います。

 

親が子どもに中学受験をすすめる理由として、

  • 子どもの個性が発揮できるのは中学受験校しかなかったから
  • 進学校・難関校に中学受験すればいい大学には入れるから

の2種類が大派閥であると思っています。

 

自分の学歴が気になる親が中学受験をさせる理由としては

後者の「いい大学への進学」を視野に入れた

中学受験なのではないかなと。

 

僕自身もいい大学への進学は期待されていますし、

中学受験でK校を選んだのも

大学進学に向けて、親子で有利になりそうだから決めたようなものです。

 

とくに学歴が気になる親は、

中学受験に挑む際はこういったことを

強く意識するのではないかと思います。

 

高校受験を回避してハイレベルな教育

中学受験をする理由として、

よい大学への進学はもちろん視野に入っていますが、

公立中学校に進学した後、

高校受験を終えてからすぐに大学受験の準備を

しなくてはいけないという、ある意味

「受験の無限ループ」のような

短期間での詰め込み教育を受けなくてはいけなくなります。

 

そういった受験地獄からの脱却を目指し、

ひいては高校受験回避のため

中学受験を選択するおうちが多いのではないかと思います。

 

また、大学進学まで視野に入れた

ほとんどの私立中高一貫校は

公立中学校とは比べ物にならない早さと難しさで

ハイスピード&ハイレベルに

授業が進んでいくという強みも持っており

僕たち生徒は大変ですが、

しっかりした将来のために中学受験を選ぶおうちの数は多いです。

 

 

大学までエスカレーター進学で青春を謳歌

中学受験に挑むとなると、おおよその場合は

私立中高一貫校への進学を希望し、

ハイスピードな授業や個性あふれる校風に親しませることで

おもに内面的な成長を期待するのだと思います。

 

また、大学附属になっている中学校もあるので

そういった学校へ進学させることで

受験へのストレスを最小限にしよう、と考える

おうちも多くあるみたいです。

 

たしかに、中学受験のみなら

校風さえ肌に合えば受験や進路への悩みも気にせず

のびのびと青春時代を過ごすことができますし、

大学附属中学校はもちろん賢いところも多いので

たとえ「大学は外部進学する」と決断したとしても、

進路の選択肢に困るといったこともなさそうです。

 

ただ、中学校からずっと同じ友達ってつまらなくないんでしょうか。

 

 

親同士の学歴カーストはある?

さて、学歴の話に戻ります。

 

僕たち生徒(子ども)同士には、家庭事情や学歴を

気にするタイプはほとんど見受けられないですが、

なぜか、その保護者の方は気になる人が多いようです。

 

やはり、保護者会などで親同士で密に接し

そういった話題に否が応でも触れることにより

人間という生き物の自然な反応で、優越感というものが生まれ

その気持ちがいじめやいびりのようなものにまで姿を変え、

発展していってしまうのでしょうか。

 

話がそれました。

 

印象ですが、親同士でいびりをする人たちは

ザ・マダムといった人か、玉の輿に乗った人が

多いというイメージがあります。

 

逆に中堅層というか、僕たち一般家庭から見て

なんとなく高いものを持ってそうだな、という人たちは

むしろ何も気にせず、優しいイメージがあります。

 

あくまでも僕の周りの話なので、参考になるかどうかはわからないのですが。

 

 

親同士いじめは場所によると思うけど・・・

中学受験における親同士の学歴いじめは、

行った場所や出会った人にももちろん寄るところはありますし、

どこにいってもいろんな人はいるので言い切れないですが、

僕の学校でもあることにはあると思います。

 

トップページでも書いたように、

僕の家庭は高学歴層でも億万長者でもないため、

とくに母は、学歴を理由に

少しのけ者になっていた時期もあるといっていました。

 

母は覚悟の上だったと言っていましたし

周囲はさほどそういったことに関心を持って

加担もしてこなかったようなので

じきに勢力を失ってやんだようですが、

生徒が朗らかであるから親同士の間にも何もない、

というわけでは決してないようです。

 

ここでは、学歴いじめをする親の傾向など

僕が思う共通点を書いていこうと思います。

 

今後、高学歴層・高収入層であふれる学校へ

中学受験するおうちの参考になるといいと思います。

 

 

学歴いじめをする親の印象

母の話をもとにすると、学歴いじめをする親にも

一種の共通点があることが見えてきました。

 

少なくとも中学受験において、学歴いじめをする親は

自分に強いコンプレックスがあった人、

それを乗り越えた(つもりになっている)人、

が多いなという印象を受けました。

 

男性より女性のほうが多いと思うのですが、

それは母のママ友コミュニティと

学校の保護者会などに参加するのが比較的母親が多いという

理由があるため、一部の意見ではあります。

 

かなり限られた話になってくるので一概には言えませんが、

おもにこういう傾向があるくらいの感覚で

読んでもらえると嬉しいなと思います。

 

いじめている本人の学歴は低いことが多い

中学受験の場において学歴いじめをする親は、

いじめをする親本人の学歴が低い、というより

なんとなく「品がないな」と感じることが多い印象です。

 

これはおそらく学歴や教養、今までの生活の苦しさなどの

コンプレックス発信からくるいじめであり、

本人は旦那さんないし進学校に入学できた子どもの

権威や誇らしさを笠に着たものではないかと思います。

 

上記したように、こういったタイプの人は

自分自身の学歴・生活・収入といったものまでを

高スペックな旦那さんや中学受験を成功させた子どもに、

過去を上から塗りなおしてもらうことで、

自分自身の価値までリセットされたと考えている人が

多い傾向にあるようです。

 

要するに、スネ夫みたいな感じです。

 

玉の輿に乗った奥様

玉の輿に乗るというのは学歴はあんまり関係ないです。

 

名門大学を卒業していても、

収入や職業がすごい旦那さんにとつげば

それは玉の輿になりますし、

また、そういった「後付けの権力」で

強さを手に入れた気分になる人に、

学歴はまったく関係ありません。

 

そういった人もまた根深いコンプレックスを

抱えている人がほとんどだと思いますが、

羨まれるような立場や権力を手に入れたことにより

気持ちが大きくなりやすい人は

必然的に弱いものを従わせようとする傾向もあるため

「中学受験で学歴いじめをする親」になりがちなのだろうと思います。

 

ねちっこい人・ウワサ好きの人

これは男女あまり関係のない特徴ですが、

基本的にはねちっこい人やゴシップ好き・ウワサ好きな人が

ずっと前からいじめっ子であり続けている気がします。

 

悪く言ってしまえば「学生ノリ」そのものなのですが、

大人になってもそのウワサ好きな学生ノリのまま

意図せずに「中学受験で学歴いじめをする親」に

なってしまっているという印象です。

 

こういう人たちはいじめているという自覚はあまりなく、

ただの日常会話の延長線上で

他の保護者の学歴や職業の話をしているらしく

どこで聞いてきたのか年収の話まで手に入れていると

母は恐れおののいていました。

 

そういった親たちの子どももまた

ウワサ好きな傾向があるというか、

どことなく他人への執着・興味がある人が多いため

意識せずとも自然と距離を置かれているところがあります。

 

ママ友とかはあんまり作らないほうが吉?    

母の様子を見聞きしていて、ママ友を無理して作ると

むしろ大変な目だったり、

ひどい苦労をする羽目になりそうに感じました。

 

また、進学校・上位校になるにつれて

将来お医者さんになるために入学した

お医者さんのおうちの子など、

良いおうちの生徒も必然的に増えてくるため、

上記したようなちょっとイヤラシイ人たちも

比例して増えていくのはある意味仕方のないこと。

 

なぜなら、良いおうちにはときどき

上記のようなヘンな人がやってくることもあるため。

 

母の様子を見ていると、そういうヘンな人は

無理して仲良くしようとしている親を見つけては寄り、

サンドバッグにしている空気感もあるため。

 

母はあまりに焦ってしまい、自分から

そういった「弱み」ともとれることを話してしまったのが

原因ではないかと分析していましたが

そういう隙がある部分に素早く入り込み

いびる、いじめるという行動をする人は、

学校にもどんなところにもいるような気がします。

 

母の様子を見ていて、ママ友を無理して作ると

ひどい目に合いそうというのが、僕の偏った見解です。

 

 

中学受験で親の学歴は親同士に格差を生むかも

中学受験において親の学歴は

受験の合否を左右したり、

僕たち子ども側に格差や軋轢は生まないまでも

保護者間の水面下の戦いを引き起こす

引き金のような役割をしてしまうのは、可能性としてあるようです。

 

ですが厳密にはほとんど無関係といえますし、

無理してコミュニティを広げようとしたりとか、

そういうことを話してしまうとか隙を見せなければ

寄ってたかったりはしないと思います。

 

保護者会などの回数も限られていますし、

あまり会わなければわからないことかもしれませんし。

 

しかし中学受験に親の学歴は関係ないとはいえ

いじめをする親もたまにいるから

隙を見せない、人間関係や性格をよく観察するなど

ことさらに気を付けていたほうが

安心できるのではないかなと思います。